2005年10月11日

小説風コラム「10年前の合格発表」(ひっそり改題) vol.2

(前回のあらすじ)
合格発表の当日、合格掲示板を見たジョージ。

しかしそこに、彼の番号はなかった。

いつしか地下鉄構内でぼんやり立ち尽くすジョージ。

彼の胸に去来する思いとは・・・

   *   *   *

(・・・落ちたらしい)

(落ちたのか)

(ならしようがないな。俺は落ちた・・・)

大勢のスーツ姿の人々が、ジョージの目の前を行きすぎていく。

(おかしいな。落ちるつもりはなかったのにな・・・)

「落ちるつもり」の受験生などいるはずもない。

しかしそのとき、なぜか彼の頭の中には、不思議と「落ちる」イメージは
なかった。

ちなみに直前の全答練で、彼は合格レベルの判定を得ていない。
むしろ「このままいくと落ちますよ」という評価しか手にしていない。

なのに、落ちるつもりは毛頭なかった。
というか、落ちる気が全くしないというのが正直なところだった。

最後の答練でも合格判定は出せなかったものの、その後自分は、誰にも
負けないくらいに勉強してきた。

「結果の出る勉強」を150%やりとおしてきたという自負があった。

自分自身に対する信頼があった。

そう、「信頼」だった。

自分に対する信頼、自身が積み重ねてきた努力に対する信頼が、
彼の心を強く支えていた。

しかし現実は・・・

ふと、ジョージは腕時計を見た。時刻は午前10時半。

(落ちたのならしょうがない)

その現実を受け入れた。

(受かるまでやると決めているのだ。ならばやることは決まっているだろう)

ジョージは改札をくぐった。

(来年に向けての勉強だ)

まだ10時半。今から自室にいったん戻って、予備校へ行こう。

(今日これから、少なくとも10時間は勉強できるな)

そう思った。その瞬間、もう迷いは消え失せた。

いったん身体から抜けた力が、ふたたびよみがえってくるような感覚と
ともに、家路を急いだ。

六畳一間のボロ・アパートに戻り、参考書・答練集をかばんにつめ、さあ
出かけようとしたそのとき。

留守電のランプが点滅していることに気が付いた。

(誰だろう?)

ジョージは、「メッセージ再生」のボタンを押した・・・


(来年へ向けてふたたび走り始めたジョージ。メッセージは彼に何を
語りかけるのか?それは次回で)


(メールマガジン「公認会計士にイッパツで合格する法」編集後記より)

当メルマガの登録・解除はこちらから。
http://www.mag2.com/m/0000155840.html
posted by ジョージ at 22:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月07日

私小説・合格発表の朝 〜サクラ咲け!〜

公認会計士2次試験の合格発表の季節になりました。

毎年この時季になると、自分が合格発表を見に行ったときのことを思い出し、
なつかしくなります。

約10年前の今頃、私ジョージは地下鉄構内の太い柱にもたれかかり、
地下道を行く人々をぼんやりと眺めながら、呆然としていました。

(落ちたか・・・)

このとき私の頭の中には、この言葉が幾度も去来していました。

たった今見てきた合格発表掲示板に、自分の番号はありませんでした。

(あれ、ヘンだな・・・)

何度も合格者の受験番号を見直します。

上から下へ視線を滑らせるのですが、どうしても自分の受験番号は
スキップされています。

(ということは、落ちたんだよな・・・)

その後、私はアタマ真っ白状態のまま、ぼんやりと地下鉄の改札まで
歩いてきたようです。

そこで思考停止状態に陥った私は、相変わらずぼんやりと考えていました。

「これからどうしよう・・・」


(ジョージの運命やいかに?それは次号にて)

(メールマガジン「公認会計士にイッパツで合格する法」編集後記より)

当メルマガの登録・解除はこちらから。
http://www.mag2.com/m/0000155840.html

posted by ジョージ at 22:49| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月25日

ジョージさんは田中麗奈のファンなんですか?の件

--------------------------------------------------
ジョージさんは田中麗奈のファンなんですか?
私も田中麗奈大好きです。
Posted by ゲオルグ at 2005年08月25日 20:19
--------------------------------------------------

ゲオルグ さん

コメントどうもありがとう。

田中麗奈、いいですね〜。

最近ユメオンナなる本を出されたようで、手に取ったところ、
その帯に書かれた推薦文が白眉でした。

いわく、

「華奢でつり目で 文才まであるとは・・・ 田中君100点!」
(by 宮藤勘九郎)

ユメオンナ(↓)
https://images-fe.ssl-images-amazon.com/images/P/4062130165.09.LZZZZZZZ.jpg

ジョージも同感です!(笑)
posted by ジョージ at 23:00| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

就職に年齢は関係してくるのでしょうか?の話

----------------------------------------------------------------
ジョージさん,はじめまして!私は会計士をめざしています。
そこで質問なのですが,就職をするにあたって,年齢は関係してくるのでしょうか。
ジョージさんが就職された際,周りはどのような方がいらっしゃたのでしょうか。
お忙しい中恐縮ですが,よろしくお願い致します。

Posted by さかな at 2005年08月23日 00:40
----------------------------------------------------------------

さかな さん

コメント・ご質問、どうもありがとう。

とりあえず、簡単にレスしておきますね。

結論から言って、年齢はカンケー無いです。

特に前職をお持ちで、すでにキャリア(経験)のある方でしたら、
若くて元気なだけのフレッシュマンよりもよほど重宝されます。

そして学生上がりのフレッシュマンは、そんな彼らの仕事ぶりを見て学びます。


年長者の強みは経験です。そしてそこから培われ、身につけた洞察力です。

若輩者のアセットは時間です。彼らは時間をかけて、自分自身を大きく
育てていくのです。


もし、就職活動のことをおっしゃっているのであれば、確たる自分の
スタイルをもって、堂々とご自分を表現すれば良いでしょう。
年齢なんて気にすることなく。

むしろ「自分にふさわしい職場をこっちから選んでいるんだ!」という
気概を持つくらいでちょうど良いです。


会計士(補)としての新人群を見れば、それなりに年齢層の幅はあります。

自分の経験からいえば、それはそれで独特の雰囲気をかもし出す元に
なっているのでしょう。

それなりの関門をくぐってきただけあって、ひとクセもふたクセもある
愛すべき人たちばかりでしたよ。


「就職先」はたぶん、あなたにとってひとつの通過点です。

その先を見据えて、いまを生きてください。

もちろん、私も含めての話ですけれどもね!
posted by ジョージ at 22:48| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月17日

オーディオ・セミナー販売開始のお知らせ

公認会計士試験にイッパツで合格する法 
がCDになりました。

あなただけにお伝えする、難関資格試験に短期間で合格する秘訣の数々。

ジョージが熱く語ります。

<あなたに伝授される秘訣>

・潜在意識を活用して大量の情報を処理する方法
・加速度をつけて記憶する方法
・実力を最大限に発揮させる思考法
・勉強の効率を最大限に高める思考法
・絶対に合格する勉強法
・もうダメだ!と思ったときに立ち直る方法
・不安から立ち直る呼吸法
・合格を引き寄せるイメージング・メソッド
・運気を高める魔法のようなことば
・運気を高める生活習慣
・合格への障害を排除する方法


<公認会計士試験にイッパツで合格する法 オーディオ・セミナー>
http://www.1toushi.com/cpa/cpaaudio001/postmail/postmail.html


真剣に自分の人生と向き合い、チャレンジし続けるあなたを応援しています。

ジョージより、愛を込めて
posted by ジョージ at 01:45| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月25日

【加速学習の秘訣】大量・高速情報処理の術

テキストや資料は、とりあえず全ページに目を通す。

ぱっぱっぱっぱっと、ページを繰っていく際に、ここに記された情報が、自分のカラダを通り抜けていっているというイメージ・意識を持つことがコツ。

人の脳は、一瞬でも目にしたものはすべて覚える。

そして意識の深いところに記憶する。

試験勉強で使える記憶とするには、意識の深いところに蓄えられた記憶をいかに引き出すかにある。

そもそも、education(教育)の語源とは、「引き出す」「導き出す」を意味するラテン語のeduco。

本来持っているものを引き出すことが、教育のもともとの意義。

自らを教育するということは、本来の自分自身を導き出すということ。

導き出すためのカギとなるのが「問い」。

適切な問いが、適切な答えを導き出す。

私たちがなすべきことは、適切な問いを発すること。

すれば、やがて答えは導き出される。

私の場合、読まねばならない資料やテキスト類は、とりあえずすべてのページに目を通す。

そのとき、理解しよう、記憶しよう、などという意識は持たない。

ひたすら、自分のカラダを通すことに、意識を集中する。

そしてしばらくの間、体内で熟成させる。

何らかの「答え」が必要になったときは、「適切な問い」を設定することに全力を尽くす。

そうすれば、たいていの場合、さほど間をおかずに、欲しかった「答え」が自然と導き出される。

人間のアタマ・カラダっておもしろい!と常々思う。


(ジョージ)
posted by ジョージ at 10:41| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「欲しいもの」と「必要なもの」

今晩のテーマ(前回の投稿参照のこと)は未来を創造する方法でした。

いいかえれば、思い通りの未来を実現する方法です。

この手法は「幸せな宝地図」(↓)に詳しいので、興味のある方はぜひご覧ください。

・幸せな宝地図であなたの夢がかなう/望月俊孝(著)
http://tinyurl.com/7abam

ところで、人の想いがこのやり方ですべて実現するかというと、全員が全員
そうなるとは限りません。

多くの人は、意識の表層部分ではそうなることを望みつつ、意識の深い部分でも
それを望んでいるとは限らないからです。

深いレベルで、その現実をありありとイメージできれば、その「思考が現実化」
する可能性は高まりますが、すべての人がそうできるかというと疑問です。

ただ、自分をかえりみるに、このことだけはいえます。すなわち・・・



「欲しいもの」は、必ずしも手に入れることはできないが、
「必要なもの」は、いずれ必ず手に入る。



だからあせる必要はないのです。

試験勉強も似たようなものかもしれません。

受験生のみなさんにとって、受験勉強をすることはきっと、必要とする学びを
得るために、最適なことだったのでしょう。

そしてその試験に合格することが必要であれば合格するし、そうでなければ、
その人にとって、合格は必ずしも重要ではないのです。

つまり、試験に合格するよりも大切な未来が待ち受けている場合だってある
ということです。

だからといって、テキトーにやればいいというものでもありません。

すばらしい未来への扉は、目の前の物事に一生懸命に取り組んでいるときにこそ
開かれるものです。

自分の未来を信じて、結果にこだわることなく、今この瞬間を100%の自分で
生きるのがベストなのでしょう。

そんなことを考えたジョージなのでした。

posted by ジョージ at 06:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

未来を創造する方法

【ご質問】
私は来年に向けて勉強してますが、1年程度ある今の段階でしておくべき
こととかあるでしょうか?ちなみにまだ3ヶ月程度の身分です。(平凡さん)

【ご回答】
専門学校に通っていらっしゃるのなら、講義と答練についていくことを
第一に考えて下さい。

最後までくらいついていければ合格します。

(参考)【簿記の総合問題はいつから取り組むべきですか?】
http://1cpa.seesaa.net/article/3114373.html

それでもなお、余裕があってしょうがないという場合は、基礎的な論点を
扱った過去問に当たってください。

問題集をひと通り、3回転させることができれば、まず合格します。



あと、ここだけの話、すごくいい方法をお教えしますね。

他の人には内緒ですよ。(笑)

・・・その方法とは、イメージです。

あなたがすでに合格したものとして、イメージしてください。

そのときあなたは、どんな感情を抱くでしょうか?

細部までありありと想像してください。

私の場合、少々変わった経験をしたのですが(この辺はそのうち詳しく書きますね)
合格したことを、まず実家の家族に報告しました。

そこでこみ上げてきたのが、強烈な感謝の想いです。

・決して裕福ではないのに、大学を卒業した後も勉強させてくれた
・私の意思を理解し、全面的にバックアップしてくれた

壁の薄いボロアパートで、思わず「ありがとう!」と絶叫してしまいました。

そのとき電話の向こうでは、母親が涙を流していました(仕事先のはずなのに)。

自分ひとりの力で、受験に成功することはできません。

あなたも、あなたを支えてくれている人たちに、感謝の念を抱くのでは
ないでしょうか?

抱く感情は、人それぞれです。
それ以外にも、胸の奥から湧き起こる感情を想像してみてください。

ここからが重要ですよ。いいですか?

湧き起こってきた感情を、紙に書いてください。

くり返しますよ。紙に書いてください。

文章でも絵でも結構です。

写真を貼り付けても結構です。

自分なりのやり方で、表現してみてください。

そして公認会計士試験に合格できた自分は、これからどんなことができるだろうか?
と考えてみてください。

公認会計士(会計士補)となった自分は、これから世の中に対して、どんな
貢献ができるだろうかと想像してみてください。

感謝の気持ちが出てきたら、感謝の念を発してみてください。

それらの想いを、紙の上に表現するんです。

そしてそれを、朝起きてスグと、眠る前に眺めてください。

ニタニタしながら眺めてください。

書いた紙は、壁に貼っても結構です。

かばんに入れて常に持ち歩き、思い出したときに眺めるのもいいでしょう。

日常的に、スデに合格した自分のイメージを持つことが肝心です。

するとどうなるか?

あなたの描いたイメージが、現実を引き寄せるんです。

ここで多くの人が疑念を持ちます。えー、ウソだろ?と

それはフツーの反応です。私だってそうでした。

こういった方法論を聞いて、実際に自分の願望を紙に書き出す人は、全体の
10%にも満たないそうです。

ところが世の成功者と呼ばれる人々は、ほぼ例外なく、自身の願望・目標を
紙に書いているといいます。

とりあえず試してみても、ほとんどコストはかかりません。

だまされたと思って、やってみて下さい。

いったん紙に書き出したら、もう迷う必要はありません。

ただひたすらに、自分の合格を確信して、目の前の勉強に集中して下さい。

あなたが想像したイメージが、やがて現実を引き寄せてくれるはずです。


(ジョージ)
posted by ジョージ at 06:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

作られた目的に向かって惹かれる

各々(おのおの)の物はそれが作られた目的に向かって惹(ひ)かれる。
それが惹かれるものの中にその目的がある。
目的のあるところに各々の利益と善がある。

(自省録/マルクス・アウレーリウス著・神谷美恵子訳 より)
posted by ジョージ at 06:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

うわー!地震だ

昼からワインでいい気持ちになっていたところ、地震が来ました。
(7月23日午後4時半、東京で震度5)

地震はタテ揺れから始まります。

たしか高校の地学の授業で習いました。P波?

今回の地震では、そのタテ揺れを体感できました。

鈍感なジョージにとっては初体験です。

ただ、阪神大震災を経験した妻によると、大規模地震のタテ揺れはドーン!と
身体が飛び上がるくらいのものなのだそうですね。

大地震はどうかご勘弁願いたいジョージなのですが、とりあえず備えだけは
しておこう、と思いました。
posted by ジョージ at 06:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。