2007年12月10日

公認会計士受験生へ強い追い風が吹いている。一息に駆け抜けよ!

公認会計士試験の合格者が大幅に増えている。

今年の合格率は20%弱。僕が合格した年は7%弱だったことを考えれば3倍近くに上昇していることになる。

公認会計士資格のインフレ、なんて思いも頭をよぎったりするが、受験生の方たちにとってみれば、大きく開いた門に他ならない。この機に、一息に合格まで突っ走っていってもらいたい。

会計のプロとして生きていこうとするのなら、合格してからの学びこそが、本当の生きた勉強となる。

受験勉強は、そのための土台となる知識を身に付けるための最善の機会といえる。

たとえ今回の試験にパスしなかったとしても、受験生には強い追い風が吹いている。このことを忘れず、もうひと踏ん張り、喰らいついていってほしい。

そして合格した方には、素直にお祝いの言葉を贈りたい。
あなたは今、スタート地点に立った。これからは、種類の違う学びの機会があなたを待っている。どんな風が吹いても、積極的に足を前へ踏み出して、生きた知識と経験を身に付けていってほしい。

新しいプロの参入を、心から歓迎する。
posted by ジョージ at 17:35| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。