2010年01月11日

試験終了と相川七瀬のアルバム

もう十数年前という大昔のことではあるが、公認会計士2次試験・論文式 終わったときに抱いた思いは、遅刻とかせず、特に問題もなく終了時間を迎えられて良かった、という安堵感だった。

監査論の回答欄を間違っていたことに途中で気づいて必死で修正液を塗りたくる、というアクシデントはあったが、さいわい大きな問題とはならなかった。本当に良かった。

試験会場からの帰路、相川七瀬のアルバム「Red」を買って帰った。

こんなことを書いているのも、昨日、棚の奥から「Red」のCDを発掘したためだ。これを聞くたびに試験終了時の思いを追体験できる。合格できたのだから当時のさまざまな思いは悲愴感も含めて全部、良い思い出である
posted by ジョージ at 10:40| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。